コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精核 セイカク

デジタル大辞泉の解説

せい‐かく【精核】

動物卵の受精の際に、卵に突入し、卵核と合一するまでの精子の核。雄性前核。
種子植物で、花粉内に生じた精子に相当する核。雄核

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいかく【精核】

雄性配偶子の核。動物では精子の核、被子植物では花粉内の雄原核が分裂してできる二個の核をさす。雄核。
動物卵の受精に際し、卵細胞内に進入した精子の核。卵核と合一するまでをいう。雄性前核。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

精核の関連キーワード重複受精(ちょうふくじゅせい)オスカー ヘルトウィヒ接合(生物)ヘルトウィヒアポガミー雄性配偶子アルギニン球果植物童貞生殖卵片発生被子植物キセニア性の分化重複受精子嚢菌類配偶子受精毛果胞子生物界花粉管

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android