コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精核(読み)セイカク

大辞林 第三版の解説

せいかく【精核】

雄性配偶子の核。動物では精子の核、被子植物では花粉内の雄原核が分裂してできる二個の核をさす。雄核。
動物卵の受精に際し、卵細胞内に進入した精子の核。卵核と合一するまでをいう。雄性前核。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android