コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマギツツジ あまぎつつじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマギツツジ
あまぎつつじ / 天城躑躅
[学]Rhododendron amagianum Makino

ツツジ科の落葉低木。高さは2~5メートル。葉は枝先に3枚輪生状につき、広菱(りょう)円形、長さ5~10センチメートルで表面に褐色の長毛が生える。花は6~7月、葉が開いてから咲く。花冠は朱赤色で5裂し、径5~6センチメートル、雄しべは10本あり、子房に白毛を密生する。静岡県天城山、日金(ひがね)山などに野生する。同系統のジングウツツジR. sanctum Nakaiも開葉後に開花するが、花冠が紫赤色である。繁殖は実生による。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアマギツツジの言及

【ツツジ(躑躅)】より

…東アジアに15種ほどあるが,中国に3種あるだけで日本で著しく種分化が起こったものであり,分類の難しい群である。このうちオンツツジR.weyrichii Maxim.,ジングウツツジR.sanctum Nakai,アマギツツジR.amagianum Makinoは葉が十分に展開してから花を開く種類で,他のものが葉の伸びる前に花を開くのと異なる。後者のうちミツバツツジR.dilatatum Miq.は花梗や子房に腺毛が密生し,果実にも腺点があるのが特徴で,関東・東海地方の山地に分布するが,種類としては北海道から九州までの太平洋側に分布し,トサノミツバツツジやハヤトミツバツツジなどの変種がある。…

※「アマギツツジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アマギツツジの関連キーワード小林義雄伊豆半島天城山

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android