小林義雄(読み)こばやし よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「小林義雄」の解説

小林義雄 こばやし-よしお

1854-1911 明治時代の室内装飾家。
嘉永(かえい)7年5月14日生まれ。もと丹後(京都府)宮津藩士。慶応3年神戸で英語をならい,のち横浜で蒸気機関についてまなぶ。のち渡米し,室内装飾を研究。帰国後,宮内省御用となり,北白川宮,有栖川宮(ありすがわのみや)邸などの室内装飾を担当。美術協会委員・図案科幹事をつとめた。明治44年8月11日死去。58歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android