コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チベット族 チベットぞく

世界大百科事典 第2版の解説

チベットぞく【チベット族】

7世紀ころから一つの国家を形成して独自の文化を育てあげた民族。今日では,西はラダック,東は中国甘粛省南西部,四川省西部,北は崑崙山脈,南はヒマラヤ山脈の南麓ネパール,シッキム,ブータンにまで広がって居住する。中華人民共和国の国勢調査(1990)では,中国国内のチベット族(中国では蔵族と呼ぶ)約460万人のうち,220万人がチベット自治区に住み,残りは青海,四川,甘粛,雲南などの各省のチベット族自治州・自治県に分布している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチベット族の言及

【住居】より

…骨組みを木の枝で編成し,外周を羊毛フェルトで覆い,頂部中央に環形の開閉孔を設ける。
[チベット族の石積み住居]
 チベット族はチベット,四川西部,青海,甘粛南部に居住する。各地方により住居の形式は異なるが,とくに石積みの優れた技術に特色がある。…

※「チベット族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チベット族の関連キーワードシャンナン(山南)地区ザシダワ(扎西達娃)ロッパ族(珞巴族)メンパ族(門巴族)カンゼ(甘孜)県メンパ(門巴)族ゲセル・ハン物語チャン(羌)族チャイダム盆地ウラン(中国)チベット問題チベット騒乱チベット犬ロンザク県チベット語ダムニェンガルツェ五族共和マチェンギャムダ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チベット族の関連情報