コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムリツァル Amritsar

デジタル大辞泉の解説

アムリツァル(Amritsar)

インド北部、パンジャブ州の商工業都市。パキスタンへ通じる交通の要衝。シク教の本山ハリマンディルサーヒブ(黄金寺院)がある。1919年、インド軍が非武装の市民に対して無差別に発砲した事件が起こったことで知られる。アムリッツァルアムリトサル。人口、行政区97万、都市圏100万(2001)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アムリツァルの関連キーワードジャリヤーンワーラー庭園アタリワガー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android