アムリツァル(英語表記)Amritsar

デジタル大辞泉「アムリツァル」の解説

アムリツァル(Amritsar)

インド北部、パンジャブ州の商工業都市。パキスタンへ通じる交通の要衝シク教の本山ハリマンディルサーヒブ黄金寺院)がある。1919年、インド軍が非武装の市民に対して無差別に発砲した事件が起こったことで知られる。アムリッツァルアムリトサル。人口、行政区97万、都市圏100万(2001)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「アムリツァル」の解説

アムリツァル

(Amritsar) インド北西部、パンジャブ州の商工業都市。パキスタンへ通じる交通の要衝で、シーク教の本山ゴールデンテンプル(黄金寺院)がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android