コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムリツァル Amritsar

デジタル大辞泉の解説

アムリツァル(Amritsar)

インド北部、パンジャブ州の商工業都市。パキスタンへ通じる交通の要衝。シク教の本山ハリマンディルサーヒブ(黄金寺院)がある。1919年、インド軍が非武装の市民に対して無差別に発砲した事件が起こったことで知られる。アムリッツァルアムリトサル。人口、行政区97万、都市圏100万(2001)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アムリツァルの関連キーワードジャリヤーンワーラー庭園アタリワガー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android