コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムル・ブン・アルアース ‘Amr b.al‐‘Āṣ

世界大百科事典 第2版の解説

アムル・ブン・アルアース【‘Amr b.al‐‘Āṣ】

570ころ‐663∥664
正統カリフ時代,ウマイヤ朝時代のエジプト総督。メッカではイスラムに敵対していたが,629年,メディナにきて改宗した。633年秋,シリア征服に一部将として参戦した。639年12月,突然エジプトに転戦し,642年にカイロの前身である軍営都市フスタートを建設した。カリフ,ウスマーンに総督を罷免されたが,第1次内乱(656‐661)ではムアーウィヤの右腕として活躍し,ウマイヤ朝の創建に貢献してエジプト総督に復帰した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアムル・ブン・アルアースの言及

【カイロ】より

…その後メソポタミアからの移民によって,南部の東の山がナイル川に迫った要地にバビロンBabylōnの町ができ,やがてそこにローマ人が砦を築き,ビザンティン時代も支配の拠点となった。641年,エジプトに侵入したアラブ軍の将軍アムル・ブン・アルアースはビザンティン軍を破ってこの地を奪い,642年にエジプト総督のための軍営都市(ミスル)フスタートをここに設定した。部族ごとに設営したアラブ軍にはイエメン系の者が多く,ヒジャーズ,シリアのアラブがこれに次ぎ,シリアから随伴したギリシア人やユダヤ教徒の商人などもハムラーとよばれる住区を与えられた。…

【スエズ】より

…ローマ時代にも改修工事が行われて使用されていたが,やがて土砂の堆積によって荒廃してしまった。642年アラブ・イスラム軍の将,アムル・ブン・アルアースがフスタート(現,カイロ)の町を築いたとき,この運河を再開発してフスタートと紅海を結ぶ〈信徒の長の運河(エジプト運河)〉を建設した。スエズ近郊1.6kmに位置するクルズムal‐Qulzumは,この運河の起点として古くから知られていた。…

※「アムル・ブン・アルアース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アムル・ブン・アルアースの関連キーワードウクバ・ブン・ナーフィー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android