アメヤ横丁(読み)あめやよこちょう

大辞林 第三版の解説

あめやよこちょう【アメヤ横丁】

東京都台東区、 JR 上野駅から御徒町駅にかけて線路脇に伸びる商店街。終戦後にでき、当時飴屋あめやが多かった。通称、アメ横。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメヤ横丁
あめやよこちょう

東京都台東(たいとう)区の南西部、JR御徒町(おかちまち)駅と上野駅間のガード下西側一帯のマーケット街。アメ横ともよばれる。終戦直後の1946年(昭和21)ここに闇市(やみいち)や露店が開かれて活況を呈したが、当時飴屋(あめや)が多かったのでこの名が生まれた。その後、飴屋が菓子問屋、化粧品店になり、やがて万年筆、香水、時計などの高級輸入品を扱うまでになり、とくに年末の食料品、海産物の売り出しは東京の名物の一つともなっている。1983年(昭和58)北東端にモダンな地下2階、地上5階建てのアメ横センタービルがオープンし、現在は新旧のアメ横共存の形である。[菊池万雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android