コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闇市 ヤミイチ

デジタル大辞泉の解説

やみ‐いち【闇市】

闇取引の品物を売る店が集まっている所。第二次大戦直後、各地にできた。闇市場

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

闇市【やみいち】

第2次世界大戦敗戦直後,国土荒廃によって極度物資不足に陥った際,経済統制を無視して食糧品や生活用品の取引,飲食の提供などを公然と行っていた露店群。人口が集中し品薄感がとりわけ強かった各地の主要都に出現したが,非合法でありながら警察組織も黙認することが多く,商店の復活がようやく始まり民衆の生活が安定してくる1949年頃までは,少しずつ性格や実態を変えつつも存続していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

やみいち【闇市】

闇取引の品物を売る店の集まった所。特に、第二次大戦直後、都市に形成されたものをいう。闇市場。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

闇市
やみいち

第2次世界大戦後,主要地区の駅前の焼け跡などに発生した,闇取引が行なわれた露天市。ヤミ市とも表記される。戦時中は米や衣料といった生活必需品のほとんどが配給のもとに置かれ,物資の不足から公定価格によらない取引が横行したが,戦後もそれが公然と行なわれた場所であったことから闇市と呼ばれた。復員兵や,職場を焼失した労働者らが物々交換を行ない,露店を開いたのが始まりとされる。闇市では農村や漁村から持ち込まれた食料,アメリカ軍PXから横流しされたチョコレートやたばこ,手づくりの鍋・釜,衣服,雑貨,本,薬など,あらゆるものが自由価格,闇値で売られ,敗戦後の食糧難,物資難におかれた人々の生活を根底で支えた。1946~48年が最も盛んで,なかでも東京の新橋有楽町新宿上野などの鉄道駅前の闇市は規模が大きく,1ヵ所あたり 500~700店に上ったという。1950年の朝鮮戦争による特需などをきっかけに日本経済が復興し始めるに従って,しだいに消滅した。闇市から本格的な店舗や商店街に発展したものとして,上野(→御徒町)のアメヤ横丁(アメ横),新橋駅前の雑居ビル,新宿のゴールデン街などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

闇市
やみいち

敗戦後、全国の都市の焼け跡などに自然発生的に形成された自由市場。
 主食の米をはじめ、衣料、生活用具などの生活必需品のほとんどを配給統制のもとに置いた戦時経済体制は、敗戦後急速にその機能を麻痺(まひ)させていった。大本営発表に象徴される偽りの情報と暴力的支配によって、国民を戦争に動員してきた国家の権威は地に落ち、その統制力は極端に弱まった。多くの企業が敗戦とともに生産を停止あるいは縮小したため、すでに戦争中から絶対的品不足に陥っていた消費財の供給は、ほとんどゼロのレベルにまで落ち込んだ。また本土決戦に備えて備蓄されていた軍需物資の多くが横領され、隠退蔵された。
 これらに加え、1945年(昭和20)産米が1910年(明治43)以来の大凶作であったことが、食糧事情の悪化に拍車をかけた。主食の配給は43年(昭和18)以降、馬鈴薯(ばれいしょ)、雑穀、甘藷(かんしょ)、大豆粕(かす)などを米と差し引きで配給する総合配給制となっていたが、それでも敗戦までは大人1人2.3合(330グラム。45年7月からは2.1合。1合で、ご飯茶碗(ぢゃわん)2杯分の見当)のレベルが維持されていた。しかしその主食の配給も滞るようになり、敗戦後の45年11月に政府は、事態を放置するならば46年の端境期(はざかいき)には1000万人の餓死者が出るとの予測を発表。この予測を裏づけるように、46年に入ると主食の遅配が常態化するようになった。46年7月の東京都の発表によれば、この月末の平均遅配日数は21.7日となっている。国家が国民のぎりぎりの生存すら保障できないという未曽有(みぞう)の事態が現出したのである。このような食糧難、生活難にさらされた国民の生存をかろうじて支えたのが、家庭菜園であり、野草であり、買出しであり、闇市であった。
 闇市の歴史は、ターミナル駅の広場などで庶民が生活用品を融通しあう物々交換から始まったが、たちまち露店が軒を接するまでに発展した。『朝日新聞』は、敗戦後わずか1か月後の東京・有楽町のようすを、「試みに有楽町駅前に立つてみる、防空壕(ごう)を埋めたてた猫額大の広場は蝟集(いしゅう)する人群れの足で灰のやうな埃(ほこり)を立てる闇市場と化してゐる」と伝えている。
 東京の場合、1945年11月末の警視庁の調査によれば、露天商は3000に上ると推定され、翌年4~5月に立教大学の学生が行った実態調査では、新橋、上野、新宿の3か所だけで2118店を数えている。また、新宿の闇市についての調査結果では、バラック建ての店舗を構えているものは、448店のうちわずかに32店にすぎず、よしず張りあるいは戸板を並べただけのもの、さらにはじかに地面に商品を並べただけといったものが圧倒的である。
 公定価格による物資流通の場ではあらゆる物が不足していたときに、敗戦の混乱のなかで横領され横流しされた軍需物資や、近郊農村から買出しによって持ち込まれた食料、米軍のPX(駐屯地売店)からの横流し品、吸い殻をほぐして巻き戻したたばこ、衣類、雑貨、書籍、医薬品などなど、闇市ではなんでも売っていた。大阪ではたき火の当たり代1時間5円也(なり)の「ぬくもりや」と称する珍商売まで登場している。
 闇市を支配していたのは、公定価格ではなく自由価格、いわゆる闇値である。敗戦後爆発的に進行したインフレーションのなかで、闇値はうなぎ登りに上昇した。公定価格との格差は開くばかりであった。1945年10月の調査によれば、公定価格ならば1升53銭の白米が70円、1貫目3円75銭の砂糖が1000円、1個10銭の握り飯が8円、1升8円の2級酒が350円というありさまである。
 それでも人々は、必要な物や金を手に入れるために、丼(どんぶり)1杯の雑炊で空腹をいやすために、そして屋台のかすとり酒で1日の憂さを晴らすために闇市に集まった。闇市では物さえあれば金を手に入れることができ、金さえあれば物を手に入れることができた。闇市では売り手が同時に買い手であり、買い手がそのまま売り手に転ずるといったことがしばしばおこった。
 闇市は、統制と権力支配から解放され、自分の足で大地を踏み締めて生活を始めた戦後の民衆の、「どっこい生きている」というたくましさを凝縮した場所でもあった。「やみいち」は、始め「闇市」と表記されていたが、1946年以降「ヤミ市」と表記されるようになった。国民の生存を保障する機能を失った公的な流通機構にかわって、「ヤミ市」が庶民の生活のなかにどっしりとした位置を占め、闇の存在から公然たる存在に変身していった事情が反映しているのであろう。政府は繰り返し闇市に統制・規制を加えようとしたが、闇市はそのつど形を変えながら戦後の混乱期を生き延びた。しかし1948~49年ごろ日本の経済がようやく復興の兆しをみせ始めるにしたがい、しだいにその姿を盛り場から消していった。[佐瀬昭二郎]
『猪野健治編『東京闇市興亡史』(1978・草風社) ▽松平誠著『ヤミ市 東京池袋』(1985・ドメス出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

闇市の関連キーワードアンジュラン プレルジョカージュ核兵器開発転用可能機器輸出事件アブドル・カディール カーン日本の遊び・玩具史(年表)ブラック・マーケットフィリピンの銃事情ブラックマーケット新宿ゴールデン街大阪駅前地下道ションベン横丁カーン博士問題第2次世界大戦ニュー新橋ビルハモニカ横丁戦時共産主義武器貿易条約酔いどれ天使岡村多加江鈴木 栄二鴨川てんし

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

闇市の関連情報