コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカ合衆国領サモア アメリカがっしゅうこくりょうサモアAmerican Samoa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ合衆国領サモア
アメリカがっしゅうこくりょうサモア
American Samoa

南太平洋,サモア諸島の東半部を占める地域。 1722年にオランダ人が来航,1878年のサモア王国との協定によりアメリカ合衆国トゥトゥイラ島パゴパゴ海軍基地として使用し始め,99年のサモア分割によってアメリカ合衆国領となった。トゥトゥイラ島が中心で,首都はパゴパゴ。ほかにアウヌウ島,ローズ島,マヌア諸島 (1904併合) ,スウェインズ島 (1925併合) からなる。住民はポリネシア系で,伝統的社会制度を保っている。各種の熱帯自給作物を産するが,経済は最大の雇用者たるアメリカ合衆国の海軍基地と,マグロ漁業,観光に依存。おもな輸出品はマグロの缶詰で,輸出入先はおもにアメリカ合衆国。ハワイおよび合衆国本土への移住者も少くない。面積 200km2。人口 6万6700(2011推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報