コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカ法 アメリカほうAmerican Law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ法
アメリカほう
American Law

イギリス法を継受し,判例法が第1次的法源であるが,イギリスの保守的判例法主義と異なり,革新的 (先例を積極的に変えてゆく) 判例法主義を採用している。また,成文憲法をはじめ多くの制定法を有し,むしろ成文法主義に近い。連邦法と州法の二元性をもつ,裁判所が司法審査権をもつなどの特色がある。司法制度の特色である陪審制度は憲法によって保障されており,実際にも広く活用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アメリカ法の関連キーワードダグラス(William O. Douglas)ネリー・L. マクラングL. サン・ローランキャシー ライクスカナダの憲法移管英領北アメリカ法リステートメント水野忠恒(2)株式買取請求権法における常識R. パウンドサン・ローランブラックストン米欧通商摩擦マックラングエスクロ勘定簡易公判手続無額面株式ストーリー帳簿閲覧権

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アメリカ法の関連情報