コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

判例法 はんれいほうJudikaturrecht; case law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

判例法
はんれいほう
Judikaturrecht; case law

裁判の先例のうちに見出される法規範をいう。不文法の一種で,イギリスコモン・ローがその典型である。イギリス,アメリカでは,判例法は実定法としての拘束力をもち,体系の重要部分を構成している。成文法主義をとる日本およびヨーロッパ大陸諸国では制定法が主体であって,判例はそれを補うものである。日本の裁判制度のもとでは,上級審の判断はその事件についてのみ下級審を拘束し (裁判所法4) ,最高裁判所の判例も大法廷での判決で変更できる (10条3号) ので,判例法の成立は認められていない。しかし,最高裁判所における法的判断は,事実上,判例の拘束力を前提において下されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はんれい‐ほう〔‐ハフ〕【判例法】

法源として認められる判例の形で存在する法。日本では英米と異なり、体系的なものとしての判例法は存在しない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

判例法【はんれいほう】

裁判所の判決が後の同様な事件の判決を拘束することによって法と認められるもの。不文法の一種。英国で発達。日本では上級審の判決はその事件についてだけ下級審を拘束するにすぎず,最高裁の前判決も大法廷で変更できるが,後の判決への判例の拘束力は強い。なお,コモン・ローのことを判例法と呼ぶ場合がある。
→関連項目実定法制定法成文法法源

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はんれいほう【判例法】

判例の集積によって成立した法体系。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

判例法の関連キーワードレシオ・デシデンダイミランダ・ルール英国海上保険法成文法・不文法レシーバー制度ブラックストンエクイティー判例至上主義聴聞(聴問)オレロン海法安全配慮義務アメリカ法制定法主義法律婚主義判例法主義先例拘束性イギリス法概念法学法社会学判決理由

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

判例法の関連情報