アメリカ経済学会(読み)アメリカけいざいがっかい(英語表記)American Economic Association

世界大百科事典 第2版の解説

アメリカけいざいがっかい【アメリカ経済学会 American Economic Association】

アメリカを中心とする経済学研究者で構成される,世界最大規模学会の一つ。1885年,ニューヨーク州サラトガに集まった少数の経済学者たちの手によって組織された。当初は,正統派経済学に対する批判者の集りとしての色彩が強かったが,その規模が大きくなるにつれて,むしろ経済学における体制派として位置を占めるようになった。現在その会員は,2万人近い個人研究者と約8000の図書館,研究所から構成されている。1911年から定期的に刊行されている機関誌《アメリカン・エコノミック・レビューAmerican Economic Review》は,経済学における最も標準的な研究雑誌の一つとなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアメリカ経済学会の言及

【セリグマン】より

…この間,同大学経済学部長,数多くの財政,経済委員会の委員,《社会科学百科事典Encyclopaedia of the Social Science》(1930‐34)の編集長,多くの学術誌の編集人を務めた。また1885年J.B.クラークなどとアメリカ経済学会を創設し,その会長となった。その他,アメリカ大学教授協会American Association of University Professorsの創設委員および会長として,アメリカの経済学会組織化の中心人物であった。…

※「アメリカ経済学会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アメリカ経済学会の関連情報