コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラカン国 アラカンこく

世界大百科事典 第2版の解説

アラカンこく【アラカン国】

ベンガル湾の一角,ミャンマーの南西に1785年まで栄えていた独立王国。伝説によると,カラダン川の上流に隠遁した天竺の迦毘羅(かぴら)城の城主アッジュナと1頭の牝鹿との間に生まれた男児マーラユが,成人して周辺の諸蛮を征服,ダニャワディーを築城した。それがアラカン国の起源だとされる。タガウン国の王位継承に敗れたカンヤーザージーがダニャワディーを築城したのが起源だとする説もある。地形上,古くからベンガルとの関係が密接で,ウェーターリー遺跡出土のサンスクリット碑文によると,アラカン国では5~6世紀にはシバ神が,7~8世紀には大乗仏教が信仰されていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アラカン国の関連キーワードボドーパヤー(孟隕)ボードーパヤーチャウピューロヒンギャ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android