牝鹿(読み)メジカ

  • ×牝鹿/雌鹿
  • めか

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「めが」とも) めすの鹿。めじか。
※十巻本和名抄(934頃)七「鹿 〈略〉牝鹿曰麀〈音憂於尤反米賀〉」
※大唐西域記長寛元年点(1163)七「雌鹿(メカ)有り」
〘名〙 (古くは「めしか」) めすの鹿。めか。《季・秋》
※書紀(720)仁徳三八年七月(寛文版訓)「時に二(ふたつ)の鹿(か)、傍に臥す。鶏鳴(あかつき)に及ばむとして、牡鹿(しか)、牝鹿(メシカ)に謂て曰はく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android