アラスカステートフェア(英語表記)Alaska State Fair

世界の祭り・イベントガイドの解説

アラスカステートフェア【Alaska State Fair】

アメリカアンカレジ北東にあるパーマー市で開催される収穫祭。パーマーはアラスカ最大の農業地帯マタヌスカ渓谷の中心地で、同国のルーズベルト大統領によるニューディール政策によって永久凍土を開墾してできた。収穫祭は1936年から続いていて、巨大野菜の大きさを競い合うコンテストは圧巻。直径1m、重さ100kgの巨大キャベツなどが登場する。農産物の屋台が多数でるほか、移動遊園地やロデオなど盛りだくさんのイベントも行われる。毎年8月下旬~9月上旬に行われ、収穫祭とともにアラスカの短い夏が終わる。

出典 講談社世界の祭り・イベントガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android