コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラスカステートフェア Alaska State Fair

1件 の用語解説(アラスカステートフェアの意味・用語解説を検索)

世界の祭り・イベントガイドの解説

アラスカステートフェア【Alaska State Fair】

アメリカアンカレジ北東にあるパーマー市で開催される収穫祭。パーマーはアラスカ最大の農業地帯マタヌスカ渓谷の中心地で、同国のルーズベルト大統領によるニューディール政策によって永久凍土を開墾してできた。収穫祭は1936年から続いていて、巨大野菜の大きさを競い合うコンテストは圧巻。直径1m、重さ100kgの巨大キャベツなどが登場する。農産物の屋台が多数でるほか、移動遊園地やロデオなど盛りだくさんのイベント行われる。毎年8月下旬~9月上旬に行われ、収穫祭とともにアラスカの短い夏が終わる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラスカステートフェアの関連キーワードアメリカの声アンカレジアングロアメリカパックスアメリカーナアメリカ凌霄花アメリカンカジュアルアメリカの空アメリカの友人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone