アラス川(読み)アラスがわ(英語表記)Aras

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラス川
アラスがわ
Aras

トルコイランアゼルバイジャンを流れる川。アルメニア語では Araks,ペルシア語では Rud-e Aras,トルコ語では Aras Nehri,ギリシア語では Araxes。クラ川の右岸支流。全長 1070km。流域面積 10万2000km2。トルコ東部,エルズルムの南の標高約 3200mの山地に源を発し,北東流,次いで東流し,アルメニアとの国境をなしながらアララト平野を流れたのち,イラン=アゼルバイジャン国境となり,南東,北東へ流れ,アゼルバイジャンのクラアラクス低地に出てクラ川に注ぐ。クラアラクス低地で分流した一部の河水は灌漑用水路から直接カスピ海に排水される。河水は極端に乾燥したこの地方の盆地,平野の灌漑に用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android