アラトゥイリ(英語表記)Alatyr'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラトゥイリ
Alatyr'

ロシア,チュバシ共和国の都市。共和国首都チェボクサルイの南南西約 150km,アラトゥイリ川がスラー川に流入する地点にある河港都市。市の起源は 1552年に造られた要塞で,19世紀末のモスクワ-カザン鉄道の開通により発展しはじめた。主要工業は機関車修理,電気器具・部品,食品 (食肉,油脂) ,木材加工などの工業である。人口約4万 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android