コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラパエフスク Alapaevsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラパエフスク
Alapaevsk

ロシア中西部,スベルドロフスク州の都市。州都エカテリンブルグの北北東約 130km,ウラル山脈中部東麓にあり,オビ川水系ネイバ川に臨む。1704年ウラル最古の製鉄工場の一つがつくられたことに始まる。付近の鉄鉱石を利用する小規模な銑鋼一貫工場がある。ほかに木材加工,パネル,石綿,工作機械などの工業がある。ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーが少年時代住んでいたところで,その家にチャイコフスキー記念音楽学校が設置されている。鉄道分岐点。人口 4万2920(2006推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アラパエフスクの関連キーワードリュボフ ガルキナ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android