コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラムダル(阿藍答児) アラムダルĀlamdār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラムダル(阿藍答児)
アラムダル
Ālamdār

[生]?
[没]1260
13世紀のモンゴル帝国の政治家。 1251年モンケ (蒙哥) の即位とともにカラコルムの副留守に任命された。 57年,モンケはアラムダルを京兆府 (西安) に派遣して,皇弟フビライ・ハンの財政を厳重に調査させた。 59年モンケが四川の出征先で病死し,60年フビライが開平で,その弟アリク・ブガ (阿里不哥) カラコルムでそれぞれ即位すると,アラムダルはアリク・ブガを支持し,軍隊を率いて甘粛に向い,六盤山から西進するフンドゥハイの軍と西涼府で合流して大いにフビライ派に脅威を与えたが,刪丹の耀碑谷の合戦に大敗して戦死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アラムダル(阿藍答児)の関連キーワードアリク・ブガ(阿里不哥)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android