コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラムート アラムート Alamūt

1件 の用語解説(アラムートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラムート
アラムート
Alamūt

イラン北部,エルブールズ山中アラムート渓谷の険阻な岩山上に建てられていたアサッシン派の城塞。元来,近辺のダイラム地方 (→ダイラム人 ) の王によって建てられたと伝えられ,その名称はダイラム語のアールフ・アームート Āluh Āmūt (わしの教示) に由来するという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアラムートの言及

【ダイラム】より

…タバレスターン,ゴルガーンを支配したジヤールZiyār朝(927‐1090ころ),東方イスラム世界の盟主となったブワイフ朝,さらには中央イランのカークワイフKākwayh朝(1008‐51)は,いずれもダイラム人自らが建てた王朝である。11世紀の末には,ダイラム地方の中心地アラムートAlamūtがニザール派のハサン・サッバーフの手に落ち,フレグのモンゴル軍に滅ぼされるまで難攻不落を誇った。ニザール派教団の刺客フィダーイーとなったダイラム人も多い。…

【ハサン・サッバーフ】より

…その後イラン各地で宣教活動に従事。90年イラン北部エルブルズ山中の要害アラムートAlamūt城を奪取し,やがてダイラム,クーミス,クヒスタンおよびシリア方面に勢力を拡大した。94年ファーティマ朝カリフの後継者問題を機に,廃嫡されたニザールNizār(?‐1096)を支持して同朝と断絶し,ニザール派を形成した。…

※「アラムート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アラムートの関連キーワードラムート族エルブールズムール貝アラムート城アルボルズ山脈エルブルズ山脈エルブライダエルブルズ[山脈]ハサン・サッバーフヒール・ブーツ (Heel Boots)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone