コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元来(読み)ガンライ

デジタル大辞泉の解説

がん‐らい〔グワン‐〕【元来】

[副]
最初からそういう状態・性質であることを表す。もともと。「この時計は元来父の物だ」「元来は好き嫌いがない」
(接続詞的に用いて)物事を説き起こしたり、疑問を呈したりするときに、文頭に付ける語。「元来幸福とは何なのであろうか」
本来(ほんらい)用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんらい【元来】

( 副 )
はじめから、そのような状態・性質であることを表す。もともと。本来。 「 -器用なたち」 「人間、-無一物」
(文頭に用いて)物事を説き起こすときにいう語。そもそも。 「 -人間は迷いの多いものであります」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元来の関連情報