元来(読み)ガンライ

デジタル大辞泉の解説

がん‐らい〔グワン‐〕【元来】

[副]
最初からそういう状態・性質であることを表す。もともと。「この時計は元来父の物だ」「元来は好き嫌いがない」
(接続詞的に用いて)物事を説き起こしたり、疑問を呈したりするときに、文頭に付ける語。「元来幸福とは何なのであろうか」
本来(ほんらい)用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんらい【元来】

( 副 )
はじめから、そのような状態・性質であることを表す。もともと。本来。 「 -器用なたち」 「人間、-無一物」
(文頭に用いて)物事を説き起こすときにいう語。そもそも。 「 -人間は迷いの多いものであります」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がん‐らい グヮン‥【元来】

〘副〙
① 以前からその状態であることを表わす語。もともと。はじめから。
※続日本紀‐和銅六年(713)五月癸酉「相摸、常陸、上野、武蔵、下野、五国輸調、元来是布也、自今以後、絁布並進」
※太平記(14C後)二七「大樹は元来政務を謙譲し給へば」 〔章碣‐焚書坑詩〕
② 物事を説き起こしたり、疑問を呈したりするとき、文頭に付ける語。
※京に着ける夕(1907)〈夏目漱石〉「余は車を降りながら、元来(グヮンライ)何処へ寝るのだらうと考へた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元来の関連情報