コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリエージュ県 アリエージュAriège

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリエージュ〔県〕
アリエージュ
Ariège

フランス南部,ミディピレネー地域 (レジオン) の県。東部ピレネー山中でスペインおよびアンドラと国境を接する。県都フォア。日照の多い地区では農耕が盛んであったが,現在は牧草地が増加。南東部はアリエージュ川とその支流の上流地区にあたり,もっぱら放牧が行われる。山地北麓の,トウモロコシと穀類栽培の低地帯をへだてて,堆積岩のピレネー前山プラントレル山脈がほぼ東西に走っている。この北側はアリエージュ川流域の丘陵地で,家畜飼育を含む伝統的な多角農業が行われている。フォア近郊にボーキサイト鉱山がある。主工業は水力発電のほか,フォア地区の小規模な鉄鋼業,東部ラブラネ地区の繊維工業。エクスレテルムの湯治場,ルマダジルおよびニオーの有史前洞穴遺跡,石灰岩山地内の峡谷など観光資源に富んでいる。面積 4890km2。人口 13万 6455 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アリエージュ県の関連キーワードラングドックセルダニャデルカッセ洞窟絵画

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android