アルカリフォスファターゼ(ALP)(読み)あるかりふぉすふぁたーぜ

生活習慣病用語辞典の解説

アルカリフォスファターゼ(ALP)

主に肝機能や異常を診断するための検査のこと。もともと肝臓、骨、腎臓乳腺胎盤などに多く存在する酵素で、これらの臓器が障害を受けると血液中に流れ出てきて、高い値となります。胆石黄疸、肝機能、骨の病気などについて調べることができます。QUPiO では15-359IU/l正常値としています。

出典 あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android