コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリフォスファターゼ(ALP) あるかりふぉすふぁたーぜ

生活習慣病用語辞典の解説

アルカリフォスファターゼ(ALP)

主に肝機能やの異常を診断するための検査のこと。もともと肝臓、骨、腸、腎臓、乳腺胎盤などに多く存在する酵素で、これらの臓器が障害を受けると血液中に流れ出てきて、高い値となります。胆石黄疸、肝機能、骨の病気などについて調べることができます。QUPiO では15-359IU/l を正常値としています。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について | 情報

アルカリフォスファターゼ(ALP)の関連キーワード肝炎

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android