アルギルダス(英語表記)Algirdas

世界大百科事典 第2版の解説

アルギルダス【Algirdas】

1296‐1377
リトアニアの大公。在位1345‐77年。大公ゲディミナスの子。オルギエルドOlgierdとも呼ばれる。弟カストゥティス国土を分割し,ビルニュスを中心とする東部地域を治めた。カストゥティスとともに,ドイツ騎士団の国内侵入を防衛するかたわら,東方政策を注ぎ,モンゴル・タタール軍を討ち,キエフ,ポドリア,ボルニア等スラブの地に領土を広げた。その子ヨガイラは,ポーランド・リトアニア連合王国ヤギエウォ王朝の始祖となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android