コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルクマールのチーズ市 アルクマールのチーズいち

世界の祭り・イベントガイドの解説

アルクマールのチーズいち【アルクマールのチーズ市】

オランダ北西部の都市アルクマールで開催される、大規模なチーズ市。取引が行われるワーフ広場に大量のチーズが運び込まれ、それぞれのチーズを計量し、品質を見極めて、値踏みを行う。その後、観光客などが見守るなか、売り手と買い手が互いの右手を叩きあい、価格の交渉が行われる。活気のある市場は見ているだけで楽しい。1622年から続く伝統的な市で、例年4月前後から9月の、毎週金曜日に開かれている。◇アルクマールは家畜や乳製品の集散地として知られ、チーズ博物館もある。

出典 講談社世界の祭り・イベントガイドについて 情報

アルクマールのチーズ市の関連キーワードノールト・ホラントマドローダムワーフ広場観光客乳製品集散地値踏み互い家畜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android