アルクメオン家(読み)アルクメオンけ(英語表記)Alkmaiōnidai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アルクメオン家」の解説

アルクメオン家
アルクメオンけ
Alkmaiōnidai

古代ギリシア,アテネの有力な貴族キュロン反乱のとき,この家系出身のメガクレスが涜神罪を犯したが,その罪はその後もこの家系につきまとっているとみなされた。しかし,クレイステネスのような重要な政治家を出し,アテネで指導的な存在であった。ペリクレスの母もこの家系。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android