コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゲロ Alghero

世界大百科事典 第2版の解説

アルゲロ【Alghero】

イタリアのサルデーニャ島北西岸,サッサリ県の港町。人口3万6383(1981)。港の東側の丘陵地帯でブドウ酒とオリーブを産出し,近海漁業やサンゴの採取が行われるほか,保養地として国外にも知られる。12世紀の初頭にジェノバの支配下におかれたが,1353年スペインのカタルニャ人に征服された。スペイン風の教会建築が残り,今日も住民はカタルニャ語を話し,スペイン風の習俗を受け継いでいる。【町田 亘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android