コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルコバサ修道院 アルコバサシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

アルコバサ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【アルコバサ修道院】

Monasteiro de Santa Maria de Alcobaçaポルトガル西部の町アルコバサにあるシトー会修道院。正式名称はサンタマリア修道院。12世紀にポルトガル王アフォンソ1世により建造。彫刻が施されたペドロ1世の石棺はゴシック様式の傑作として名高い。2階部分のマヌエル様式の回廊は14世紀に増築、バロック様式の正面入口は18世紀に改築されたもの。1989年、世界遺産(文化遺産)に登録された。アルコバッサ修道院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アルコバサ修道院の関連キーワードマイケルズアルコバッサ修道院サンタフェサンタクルス島グアラニーのイエズス会伝道施設群サンタトラッカー篠山紀信ベアトコルドバ大聖堂サンイシドロ教会

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android