コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゴリコス湾 アルゴリコスわん Argolikós Kólpos

2件 の用語解説(アルゴリコス湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゴリコス湾
アルゴリコスわん
Argolikós Kólpos

エーゲ海南西部,ミルトオ海の湾で,ギリシアペロポニソス半島東部に湾入。南東方向に開口し,奥行約 50km,最大幅約 30km。湾奥に主要港ナフプリオンがあり,数 km内陸にはミケーネ時代の中心地としてまたドーリス人侵入時の拠点として繁栄したアルゴスがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルゴリコス湾
あるごりこすわん
Argoliks Klpos

ギリシア南部、ペロポネソス半島東部にある湾。湾入部の全長50キロメートル。湾奥のナフプリオンNvplionは、古代にはアルゴス市の天然の外港、近代ではギリシア独立当初の首都(1828~1833)であった。
 肥沃(ひよく)な平野を中心とする後背地のアルゴリス地方には、ミケーネ、アルゴス、ティリンス、エピダウロスなど先史時代の遺跡が多い。アルゴリコス湾はそれらの地とミノア文化圏との通路にあたっていた。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルゴリコス湾の関連キーワードクレタ島ミロス島スコペロス島フォレガンドロス島チェシメマルマリスエーゲ海に捧ぐエーゲ海の天使エーゲ海のブルースロードス[島]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone