コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルジェリア国家評議会 アルジェリアこっかひょうぎかい

1件 の用語解説(アルジェリア国家評議会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルジェリア国家評議会
アルジェリアこっかひょうぎかい

1992年1月,軍事クーデターによってアルジェリアに成立した暫定政権。 91年末のアルジェリア史上初の複数政党制による総選挙でイスラム救国戦線 (FIS) が圧勝したのち,FISとの共存に失敗したシャドリ大統領が辞任,翌日 FISの台頭に反対して軍事クーデターが起った。モロッコに亡命していた独立戦争の指導者モハメド・ブーディアフが議長として選任されたが,オザール国防相がメンバーに加わっており,実質上軍部の影響力が強く反映されている。 92年2月,非常事態宣言を発令,FISへの弾圧を強化した。 93年6月,内政の正常化のために「 (民政) 移行期間についての国民合意に関する綱領案」を発表したが,FISは除外された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルジェリア国家評議会の関連キーワードドイツ統一自衛隊ユーゴ紛争尾崎 豊大石まどか中原丈雄朝岡実嶺まじかる☆タルるートくん植物生理学アル パチーノ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone