コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルジュナウィワハ アルジュナウィワハArjunawiwaha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルジュナウィワハ
Arjunawiwaha

「アルジュナの結婚」の意。ジャワのクディリ朝最盛期のエルランガ王のとき (11世紀前半) ,宮廷詩人ムプー・カンワが作ったと伝えられる叙事詩。インドの『マハーバーラタ』の登場人物アルジュナの結婚を題材として,王とシュリービジャヤ王女との結婚をたたえたもので,ジャワ文学初期の代表作とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android