コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クディリ朝 クディリちょう Kediri

3件 の用語解説(クディリ朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クディリ朝
クディリちょう
Kediri

10世紀初めから 13世紀の初めにかけてジャワ東部に栄えた王朝 (928/9~1222) 。中部ジャワのマタラム王国がこの地に移ったのが始りで,初代の王はシンドク (在位 928/9~947) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クディリちょう【クディリ朝 Kediri】

インドネシアの中部ジャワにあったマタラム朝のシンドク王が,地震または伝染病のため東部ジャワのクディリに移転して建てた王朝。928‐1222年。移転の原因については今なお定説がない。第4代の王ダルマバンシャ(在位991‐1007)の時代がこの王朝の最盛期で,王は法典を編纂させ,サンスクリット文学ジャワ語散文に翻訳ないし翻案させている。そして中国の宋朝にも遣使して友好を深める一方,スマトラスリウィジャヤに進攻しようとしたが,かえって1006年から翌年にかけて反攻を受け,王は敗死し,首都は破壊された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クディリちょう【クディリ朝】

東部ジャワに建てられた王国(928~1222)。第四代の王ダルマバンシャは宋に使節を派遣し、シュリービジャヤと対抗。クルタジャヤ王がケン=アンロックに殺され、滅亡した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クディリ朝の関連キーワードインドネシアインドネシア語派サミン運動マタラムジャガタラインドネシア海溝タマンサリインドネシアの恋唄タマンミニインドネシアダルル・イスラム

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone