コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルテルナンセラ

百科事典マイペディアの解説

アルテルナンセラ

熱帯,亜熱帯に約200種が分布するヒユ科の多年草,まれに低木。そのなかで,中南米原産のアルテルナンセラ・フィコイデアの園芸品種が,夏から秋にかけての花壇の群植に利用されている。葉に観賞価値があり,緑葉に黄色,赤褐色,だいだい赤色などの斑入(ふいり),暗赤色の地に淡桃色の斑入,あるいは白化した葉をつけるものなど変化に富んでいる。草たけは10〜15cmで株立ちとなり,柄の長い楕円形やさじ形の葉をもつ。これらはときにモヨウビユ,あるいは古い学名に基づいてテランセラまたはアキランサスなどと呼ばれることがある。繁殖は春で,さし芽でふやす。冬は13℃以上の温室で保護する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android