コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルトパラナ県 アルトパラナAlto Paraná

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルトパラナ〔県〕
アルトパラナ
Alto Paraná

パラグアイ,東部地方 (パラグアイ川以東) 東部の県。県都プレシデンテストロエスネル。東はパラナ川をへだててブラジルアルゼンチン相対するブラジル高原の西縁にあたる丘陵地帯にあり,地形は東流して同川に注ぐ多数の支流によって開析されている。住民にはヨーロッパなどからの移住者が多く,1960年日本人の集団移住地も建設された。主産業は林業,マテ茶 (パラグアイ茶) 栽培,牧畜。首都アスンシオンから東に延びる幹線道路が県中央部を横断,パラナ川にのぞむ県都と対岸のフォスドイグアスを結ぶスパン長約 500mの国際橋を経てブラジルに通じる。 1973年,それまでの同県の北4分の1がカネンディユ県として分離された。面積1万 4895km2。人口 37万 3300 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報