コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルハンブラの思い出

デジタル大辞泉プラスの解説

アルハンブラの思い出

スペインの作曲家フランシスコ・タレガのギター独奏曲(1896)。原題《Recuerdos de la Alhambra》。グラナダのアルハンブラ宮殿を訪れたときの印象に基づく。トレモロ奏法を多用する技巧的な作品として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

百科事典マイペディアの解説

アルハンブラの思い出【アルハンブラのおもいで】

名ギター奏者として知られたタレガのギター曲。《Recuerdos de la Alhambra》。1896年作曲。グラナダ近郊のアルハンブラ宮殿の印象を優雅に描いたもので,終始トレモロ奏法を用いて,ギターならではの繊細な表現力を引き出した名品。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

アルハンブラの思い出の関連キーワードアラビア風奇想曲F. タレガ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルハンブラの思い出の関連情報