アルハンブラの思い出(読み)アルハンブラのおもいで

百科事典マイペディア「アルハンブラの思い出」の解説

アルハンブラの思い出【アルハンブラのおもいで】

名ギター奏者として知られたタレガのギター曲。《Recuerdos de la Alhambra》。1896年作曲。グラナダ近郊のアルハンブラ宮殿の印象を優雅に描いたもので,終始トレモロ奏法を用いて,ギターならではの繊細な表現力を引き出した名品

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス「アルハンブラの思い出」の解説

アルハンブラの思い出

スペインの作曲家フランシスコ・タレガのギター独奏曲(1896)。原題《Recuerdos de la Alhambra》。グラナダのアルハンブラ宮殿を訪れたときの印象に基づく。トレモロ奏法を多用する技巧的な作品として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる