アルバノ丘陵(読み)アルバノきゅうりょう(英語表記)Colli Albani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルバノ丘陵
アルバノきゅうりょう
Colli Albani

イタリア中西部,ローマのすぐ南東の火山地帯。外輪山は径約 10kmで火口は 2.5km。外輪山の最高点はベスキオ山 (940m) ,内輪山の最高点はフェテ山 (956m) 。アルバノ湖ネミ湖が古い火口を占めている。この丘陵はラチウム王国の地で,当時の街道,神殿,劇場などが一部残っている。夏は涼しく,古代ローマ人の保養地となり,ビラ・ファルコニエリのような別荘が建てられた。カステルガンドルフォには現在でもローマ教皇の夏の住居がある。ここのブドウ園ではカステリロマニとして知られるワインがつくられる。郊外電車がローマとフラスカティ,グロッタフェラータ,アルバノを結んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android