コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバノ丘陵 アルバノきゅうりょうColli Albani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルバノ丘陵
アルバノきゅうりょう
Colli Albani

イタリア中西部,ローマのすぐ南東の火山地帯。外輪山は径約 10kmで火口は 2.5km。外輪山の最高点はベスキオ山 (940m) ,内輪山の最高点はフェテ山 (956m) 。アルバノ湖ネミ湖が古い火口を占めている。この丘陵はラチウム王国の地で,当時の街道,神殿,劇場などが一部残っている。夏は涼しく,古代ローマ人の保養地となり,ビラ・ファルコニエリのような別荘が建てられた。カステルガンドルフォには現在でもローマ教皇の夏の住居がある。ここのブドウ園ではカステリロマニとして知られるワインがつくられる。郊外電車がローマとフラスカティ,グロッタフェラータ,アルバノを結んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルバノ丘陵の関連キーワードカンパーニャディローマツスクルム

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android