コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内輪山 ナイリンザン

3件 の用語解説(内輪山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ないりん‐ざん【内輪山】

中央火口丘のこと。外輪山の内側にあるのでいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ないりんざん【内輪山】

複式火山の中央火口を直接に取り巻く環状の山稜。また、中央火口丘をいう場合もある。 → 外輪山

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内輪山
ないりんざん

東京都伊豆諸島北端にある玄武岩質の二重式成層火山、大島の中央火口丘である三原(みはら)山の別名。標高764メートル。外輪山に対応し、内側の山の意でこの名がつけられた。外輪山は一般的な火山用語であるが、内輪山は伊豆大島での固有地名で、ほかの火山では通用しない。1552年(天文21)以降の諸噴火はカルデラ内でおきたが、現在の内輪山は1777~1779年(安永6~8)の大噴火で形成された。1950~1951年(昭和25~26)には、中央火口からあふれ出した溶岩がカルデラ床(カルデラ壁に囲まれた凹地)へ流出した。1986年(昭和61)11月には、内輪山のほか、カルデラ床や外輪山北側山腹でも割れ目噴火し、溶岩流が集落に迫ったりしたため、全島民約1万人が約1か月島外に避難した。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内輪山の関連キーワード恵山外輪山神山樽前山二子山森吉山火口丘中央火口丘複合火山複成火山

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内輪山の関連情報