コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバノ湖 アルバノこLago Albano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルバノ湖
アルバノこ
Lago Albano

イタリア中西部,ローマのすぐ南東にあるアルバノ丘陵中の火口湖。2つの古い火口の爆発で形成された卵形の湖。標高 293m。長軸 3km,短軸 2.5km,最大水深 170m。湖畔のカステルガンドルフォ,アルバノラツィアレは夏の保養地として知られている。流入水は地下水。流出口は前 398~397年に人工的に造られたもので,鉛直のシャフトと水門があり,長さ 1.5km,高さ 2m,幅 1mの水路につながる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報