コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火口湖 かこうこ crater lake

4件 の用語解説(火口湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火口湖
かこうこ
crater lake

火山の噴火口に湛水してできた湖。湖盆形態は一般に円形で,直径は 1.5kmをこえるものはまれである。深度もカルデラ湖と比較すると浅く,通常は 50mぐらいまでである。しかしなかには 100mをこえるものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かこう‐こ〔クワコウ‐〕【火口湖】

火口に水がたまってできた湖。蔵王(ざおう)山の御釜など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かこうこ【火口湖】

火口に水がたまってできた湖。蔵王ざおう山の御釜など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火口湖
かこうこ

火山の噴火口に生じた湖。形態は比較的単純で円形に近く、マールmaarとよばれる地形はその典型である。湖岸の傾斜は急で、湖盆の中央部は平坦(へいたん)である。湖面の面積に対し流域面積が小さい。湖水は強酸性を示すことも多く、世界的にみて、日本の湖の大きな特徴となっている。宮城県蔵王(ざおう)の御釜(おかま)、鹿児島県霧島の大浪池(おおなみのいけ)や開聞岳の麓の鏡池(かがみいけ)などが代表例として知られる。[森 和紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の火口湖の言及

【湖沼】より

…(2)火山作用によるもの 日本の湖沼ではこれを成因とするものが多い。(a)火口湖 火口に水がたまってできた湖で,火山の山頂付近によく見られる。蔵王山の御釜(おかま)はその例。…

※「火口湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

火口湖の関連キーワード火口原湖ハワイ式噴火三原山御鉢火口港陥没湖複成火山御釜偽火山噴火口新燃岳の噴火

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火口湖の関連情報