コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルビル Arbil

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルビル
あるびる
Arbil

イラク北部、クルディスターン山地の山麓(さんろく)にある都市。アルビル州の州都。イルビルIrbil, Erbilともいう。人口48万5968(1987センサス)、86万4900(2003推計)。歴史は古く、すでにアッシリア時代(前三千年紀)の古代都市アルベラから今日まで連綿と続いている町で、アレクサンドロス大王がペルシアのダリウス王を破った古戦場として知られる。キルクークからの鉄道、イラン、トルコ、シリアへ続く道路など交通の要衝にある。ムハーファザ地方の行政の中心地であり、雑穀類、ゴマ、タバコ、ブドウ、オレンジ、家畜など農産物の集散地でもある。[原 隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルビルの関連キーワードバルザーニー(Masoud Barzani)ジャラル タラバニキルクーク州アルベライルビルクルド

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルビルの関連情報