コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルビ派 アルビはAlbigeois

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルビ派
アルビは
Albigeois

キリスト教異端の一派,カタリ派の南フランス分流。原語はアルビ地方の人々の意。1149年カタリ派最初の司教が北フランスに置かれたのに続きアルビとロンバルディア地方にも設置された。1167年ボゴミール派司教ニケタスが南フランスを訪問,以後この地方がカタリ派の牙城となる。1209年アルビジョア十字軍は北フランス貴族に率いられ,アルビの中心ツールーズの住民を無差別に虐殺した。13世紀後半にはフランスのアルビ派は衰退し,1330年には消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルビ派の関連キーワードニコラウス[アミアン]インノケンチウス3世アラヌス[リールの]プリスキリアヌスアルビジョワ派モンモランシートルバドゥールアビニョンドミニクス聖杯伝説ドミニコ十字軍二元論

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android