コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルマ・タデマ Lawrence Alma‐Tadema

世界大百科事典 第2版の解説

アルマ・タデマ【Lawrence Alma‐Tadema】

1836‐1912
オランダのドロンライプに生まれ,イギリス,ビクトリア朝に成功をおさめた画家。アントワープのアカデミーで学び,1870年以降ロンドンに定住する。華やかな色彩,卓抜した写実表現で,古代ギリシア,ローマ,エジプトの歴史的場面や風俗を描く。空間の広がりを強調した画面構成と考古学に興味をもち,時代考証も厳密で,作品は,初期ハリウッドの歴史映画を製作する上で大きな影響を与えた。【湊 典子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルマ・タデマの関連キーワード1月8日

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルマ・タデマの関連情報