コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドゥルポリ Alexandroupoli/Αλεξανδρούπολη

デジタル大辞泉の解説

アレクサンドゥルポリ(Alexandroupoli/Αλεξανδρούπολη)

ギリシャ北東部、トラキア地方の港湾都市。エブロス川(マリツァ川)下流部、トルコとの国境近くに位置する。1861年、トルコ人によりデデアガチという町が建設され、ロシアトルコ戦争後、ロシア軍により都市整備が進められた。鉄道の敷設と港の建設により貿易港として発展。第二次バルカン戦争後の1913年から1918年までブルガリア領。第一次大戦後、ギリシャ領になり、現名称になった。サモトラキ島とフェリーで結ばれる。アレクサンドルポリスアレクサンドルーポリ。

アレクサンドルーポリ(Alexandroupoli/Αλεξανδρούπολη)

アレクサンドゥルポリ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android