コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレタス4世 アレタスよんせいAretas IV

1件 の用語解説(アレタス4世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレタス4世
アレタスよんせい
Aretas IV

アラビアを支配したナバテア王国 (→ナバタイ人 ) の王。アレタとも呼ばれる。在位前9~後 39年。ヘロデス・アンチパスの義父。オボタス3世の死後,僭称者アイネイアスと宰相シツライオスの没落を待って,ローマアウグスツス帝の支持のもと王位についた。アンチパスが娘を離縁したとき,ユダヤを攻撃。ガイウス・カエサル (カリグラ) 帝によりダマスカスまでの領有を認められた。新約聖書 (コリント2書 11・32) には,使徒パウロがダマスカスでアレタス王の追っ手を逃れた記事がある。治世中ナバテア王国は絶頂期にあり,首都ペトラは隊商貿易の拠点として国際的なにぎわいをみせた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone