コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワル鉱 アワルこう awaruite

1件 の用語解説(アワル鉱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アワルこう【アワル鉱 awaruite】

化学組成がほぼNi3Feである鉱物。蛇紋岩中にまれに見いだされる(高知県南国市岡豊(おこう),千葉県安房郡嶺岡)。多くは顕微鏡的に見いだされ,等軸晶系,モース硬度5,比重8である。カンラン石の蛇紋石化の際,2価の鉄が磁鉄鉱Fe3O4となるのに伴って,水が分解されて生じた水素によって,カンラン石とペントランド鉱のいずれか,または両者に含まれていたNiとFeが遊離して合金を作ったものと考えられる。還元状態の指示者として,蛇紋石化に関与した水の量・性格を考える際,とくに重要な鉱物である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アワル鉱の関連キーワード輝石クラン交代作用鉱物学蛇紋石仮像ノルム鉱物不連続反応鉱物組成同質異鉱

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone