コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンクティル・デュペロン Abraham‐Hyacinthe Anquetil‐Duperron

世界大百科事典 第2版の解説

アンクティル・デュペロン【Abraham‐Hyacinthe Anquetil‐Duperron】

1731‐1805
18世紀フランスの東洋学者。〈ザンド・アベスター〉〈ウパニシャッド〉をフランス語に訳したことで知られる。パリに生まれ,オランダの神学校ヘブライ語アラビア語を学んだ。パリ王立図書館でペルシア語を独学している姿をコレージュ・ド・フランス教授クロード・サリエ神父に注目され東洋学者たちの知遇を得た。オックスフォード・ボドリー図書館が各国学者に解読依頼のため送ったサンスクリット写本のコピーに魅せられ,1755年インドのポンディシェリに赴いたが,イギリスとフランスの植民地抗争のためベナレス(ワーラーナシー)に行けず,6年間インドに滞在し古代イラン語を学んで帰国,多くの写本をもたらした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アンクティル・デュペロンの関連キーワードアンクティル・デュペロン12月7日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android