コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベナレス Benares

翻訳|Benares

百科事典マイペディアの解説

ベナレス

バラナシ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベナレス

ワーラーナシ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベナレス
べなれす
Benares

インド北部、ウッタル・プラデシュ州東端にあるワーラーナシの旧称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のベナレスの言及

【死】より

…ここではその問題を,インド人とアメリカ人のそれと比較することを通して浮彫にしてみよう。 インドのベナレスはガンガー(ガンジス)川の中流域に位置する聖地であるが,そこには医者からも天命からも見放された巡礼たちが,最後の死出の旅路を求めてやってくる。彼らは死後ガンガー河畔で焼かれ,骨灰が川に流されることで昇天する,と信じている。…

【ワーラーナシー】より

…11世紀初頭,イスラム教徒のガズナ朝の勢力下に編入され,ウルドゥー語流に発音し,バナラスBanarasと呼ばれるようになる。1794年,東インド会社領に併合されると英語流に発音してベナレスBenaresと呼んだ。 ワーラーナシーは前1000年ころには,アーリヤ人社会の宗教,文化の一大中心地であった。…

※「ベナレス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベナレスの関連キーワードサルベパリ ラーダークリシュナンラル・バハデュル シャストリP.M.M. マーラビーヤクマール ジャイネーンドルアナガーリカ・ダルマパーラジャイネーンドル・クマールラームチャリットマーナスアンクティル・デュペロンアンクティル・デュペロンH. ドゥビベーディーラーダークリシュナンニケシュ・アローラハリシュチャンドララヴィ シャンカルアショーカ王石柱ラダクリシュナンドゥビベーディーアニ ベザントシャンカールカンチプラム

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベナレスの関連情報