松原(読み)まつばら

精選版 日本国語大辞典「松原」の解説

まつ‐ばら【松原】

[1] 〘名〙 の多く生えている
書紀(720)神功皇后摂政元年三月・歌謡彼方(をちかた)あらら麻菟麼邏(マツバラ) 摩菟麼邏(マツバラ)に 渡り行きて」
[2] 大阪府中央部の地名。大阪接し、古代には大和国へ通ずる長尾竹内街道と、高野山へ通ずる街道との交点にあたった交通の要地。現在は近鉄南大阪線が通じ、大阪市の住宅衛星都市として発展大塚山古墳などの史跡に富む。昭和三〇年(一九五五市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「松原」の解説

まつばら【松原】[地名]

大阪府中部の市。大阪市の南、堺市に隣接する住宅地。古代は難波大和とを結ぶ竹内たけのうち・長尾両街道の要地。人口12.4万(2010)。

まつ‐ばら【松原】

松の多く生えている原。
[類語]野原平原広野ひろの広野こうや広原高原原っぱ草原そうげん草原くさはら草地野中野良野末野面田野

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の松原の言及

【琵琶湖】より

…大津の湖岸に残る関の名をもつ数多くの船着場跡は中世以来のなごりであり,1929年まで続いた大津米穀取引所は小型の大坂堂島米市場といえよう。 彦根藩は領内三湊として松原(現,彦根市),米原,長浜を擁した。米原湊は江戸初期の新設で,中山道の番場宿に連絡する。…

※「松原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android