コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンクド Ancud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンクド
Ancud

チリ南部西岸沖,チロエ島北岸にある港湾都市。背後に農林業地帯を控え,その商工業中心地としてジャガイモ,小麦,家畜木材などを集散,港からはおもに木材を積出す。 1769年建設され,19世紀初めの独立戦争に際してはスペイン側の最後の拠点の一つとなったところで,現在保養地ともなっている。狭いチャカオ海峡をへだてて相対する本土との間にはフェリーが就航し,プエルトモント方面へ通じる道路と連絡。人口3万 3434 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアンクドの言及

【チロエ[島]】より

…面積8400km2,人口11万(1978)。島のおもな町はアンクドAncud(人口1万6000)とカストロCastro(人口1万4000)。大陸部海岸山脈の延長にあたり,山地は森林におおわれている。…

※「アンクド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンクドの関連キーワードチロエ[島]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android