アングル弁(読み)アングルべん

百科事典マイペディアの解説

アングル弁【アングルべん】

出入口が互いに90°の方向にある止め弁流体の流量調整および遮断(しゃだん)装置として用いられる。配管が直角になる場所に適する。圧力の損失は大きいが作動性は確実。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android